« 2012年1月 | トップページ

2012年2月

2012年2月 3日 (金)

わっしょいうちわの作り方

テクノ京都の活動で作った「わっしょいうちわ」
Img_2572

このうちわは、振ると録音しておいた音声がランダムに再生されます。
録音再生ICにはAPR9600を使用。
APR9600への録音用に前回の記事で作っている基板を使用
降る動作のセンサにはチルトスイッチを使用し、
PICマイコンを使って制御。

基板の写真
Img_2579_2

ICを外した写真
Img_2582

裏面の写真
Img_2584

回路図(クリックして拡大)
Uchiwasshoi
「Uchiwasshoi.pdf」をダウンロード

部品リスト

部品記号 部品説明 備考
IC1 音声録音IC APR9600 1 秋月
28ピンICソケット 1
IC2 8ピンPICマイコン PIC12F683 1
8ピンICソケット 2
IC3 3to8line decoder 74HC138 1
16ピンICソケット 1
IC4 モノラルアンプ HT82V739 1
SW1 チルト(傾斜)スイッチ 1
SP1 1W小型スピーカー 1 共エレ
R1 24kΩ 1/6W 1
R2-7 100kΩ 1/6W 1
VR1 半固定抵抗10kΩ 1
LED1 2 3.6Vで光るLED 2
C1-3 積層セラミックコンデンサ0.1uF 3
C4 電解コンデンサ47uF 1
G1 充電池3本3.6V 3
電池ケース3本用 1
「Uchiwasshoi_parts.csv」をダウンロード

PICのプログラム
「Uchiwasshoi.c」をダウンロード
HI-TECH PIC C 9.82でコンパイル確認

回路図やプログラムには間違いがあるかもしれません。

詳しい説明は...

| | コメント (1) | トラックバック (0)

最大30秒 音声録音・再生機の作り方

音声録音・再生IC APR9600を使った、
最大30秒1メッセージ、2、4、8メッセージ(時間分割)対応の音声録音・再生機

Img_2569

APR9600の設定用にDIPスイッチを使用。
2PのDIPスイッチで録音するの設定。
8PのDIPスイッチで録音箇所の設定。
1Wのスピーカーを積んで、アンプも積むことで、
それなりの音量で音声の再生が可能。

正面から見た写真
Img_2560

ICを取り外した写真
Img_2561

裏面の写真
Img_2563_2

電池ケースを取り外した写真
Img_2564

回路図(クリックで拡大)
Voicerecorder
「VoiceRecorder.pdf」をダウンロード

部品リスト

部品記号 部品説明 備考
IC1 音声録音IC APR9600 1 秋月
28ピンICソケット 1
IC2 モノラルアンプ HT82V739 1
8ピンICソケット 1
S1 電源用スイッチ 1
S2 タクトスイッチ 1
S3 スライドスイッチ 1
S4 DIPスイッチ8P 1
S5 DIPスイッチ2P 1
SP1 1W小型スピーカー 1 共エレ
R1 24kΩ 1/6W 1
R2 100kΩ 1/6W 1
R3 10kΩ 1/6W 1
R4 22Ω 1/6W 1
R5-7 100kΩ 1/6W 3
R8 220kΩ 1/6W 1
R9 10 4.7kΩ 1/6W 2
VR1 半固定抵抗10kΩ 1
LED1 3.6Vで光るLED 1
C1-5 積層セラミックコンデンサ0.1uF 5
C6 電解コンデンサ4.7uF 1
C7 電解コンデンサ47uF 1
G1 充電池3本3.6V 3
電池ケース3本用 1
「VoiceRecorder_parts.csv」をダウンロード

回路図や部品リストには間違いがあるかもしれません。

詳しい説明は気が向いたら...

| | コメント (1) | トラックバック (0)

テクノひよこの作り方

テクノ京都の活動で作った「テクノひよこ」

Img_2531

このひよこは、くちばしの近くに磁石を近づけると、
光ったり、鳴いたり、振動します。
写真だと動作が伝わりませんが...
動画がテクノ京都にあります。

Img_2536
Img_2537


今回は、このテクノひよこの回路部分の作り方メモ。
ひよこの中にはこのように

Img_2548

Img_2551
Img_2553


回路図(クリックで拡大)
Technohiyoko
「TechnoHiyoko.pdf」をダウンロード

部品リスト

部品記号 部品説明 備考
IC1 8ピンPICマイコン PIC12F683 1
8ピンICソケット 1
T1 トランジスタ 2SC1815 1
MOTOR1 振動モータ 1 秋月
SW1 リードスイッチ 1
LED1 3Vで光るLED 1
4ピン ピンフレーム 1
1ピン ピンソケット 4
C1 積層セラミックコンデンサ0.1uF 1
R1 33Ω1/4W 1
R2 1kΩ1/6W 1
G1 2 CR2032 2
ボタン電池ケース縦型 2
「TechnoHiyoko_parts.csv」をダウンロード

PICのプログラム
「TechnoHiyoko.c」をダウンロード
HI-TECH PIC C 9.82でコンパイル確認

回路図やプログラムには間違いがあるかもしれません。

詳しい説明は気が向いたら書く...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ