« gitを使ってWebアプリケーションを管理 | トップページ | アンプ内蔵スピーカーを作る »

2011年4月21日 (木)

Arduinoで7セグメントLEDを使う

久々の更新

今回は秋月電子通商で買った7セグメントLEDをArduinoで制御する。
7セグメントLEDの制御を簡単にするために、7セグメントLED駆動用IC 「TC74HC4511AP」を用いる。

Arduinoとの配線は以下のようになった。
抵抗器の数を減らして回路を簡略化、その結果、点灯するLEDの数によって輝度が変わる...

Sevensegmentled

Arduinoのスケッチ
「SevenSegmentLED.pde」をダウンロード

set7segLED()関数の引数に整数を指定すると、その値を7セグメントLEDで表示。
表示できる値は0〜19、負の値を指定すると全消灯。

上のスケッチの動作動画を掲載

|

« gitを使ってWebアプリケーションを管理 | トップページ | アンプ内蔵スピーカーを作る »

Arduino」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266500/39702051

この記事へのトラックバック一覧です: Arduinoで7セグメントLEDを使う:

« gitを使ってWebアプリケーションを管理 | トップページ | アンプ内蔵スピーカーを作る »