« 赤外線リモコンの信号を見てみる - その2 | トップページ | 赤外線リモコンの信号を出してみる - その2 »

2009年12月 7日 (月)

赤外線リモコンの信号を出してみる - その1

昨日の記事の続きで、今回は赤外線リモコンで通信するための信号を赤外線LEDを使って出してみる。

赤外線リモコンでは、赤外線LEDを点灯させるだけではダメで、38kHzで赤外線LEDを点滅させなければならない。

Arduinoスケッチ

回路図
Irtest3

スイッチを押していない時
Img_0034

スイッチを押している時
Img_0035


スイッチを押していない時は、赤外線LEDが点滅していないので、受信モジュールはHIGHを出力し、スイッチを押している時は、赤外線LEDが点滅し、受信モジュールがLOWを出力している。
これを、昨日までに調べた家電のリモコンの信号と同じようにすれば、自作リモコンが作れるはず!

|

« 赤外線リモコンの信号を見てみる - その2 | トップページ | 赤外線リモコンの信号を出してみる - その2 »

Arduino」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266500/32524200

この記事へのトラックバック一覧です: 赤外線リモコンの信号を出してみる - その1:

« 赤外線リモコンの信号を見てみる - その2 | トップページ | 赤外線リモコンの信号を出してみる - その2 »