« iPhone OS 3.0でアプリの強制終了 | トップページ | PIL(Python Imaging Library)の導入 »

2009年9月 8日 (火)

PythonをCGIとして利用する

Snow Leopardの設定続き


Apacheの起動方法
「システム環境設定」→「共有」→「Web共有」にチェックを入れるだけ

20090908_103016






PythonをCGIとして利用するための設定

# sudo vi /etc/apache2/httpd.conf
以下を変更

DirectoryIndex index.html
 ↓
DirectoryIndex index.html index.py index.php index.cgi

#AddHandler cgi-script .cgi
 ↓
AddHandler cgi-script .cgi py php

ユーザフォルダ内のSites下でCGIを有効にする
# sudo vi /etc/apache2/users/ユーザ名.conf
以下を変更

Options Indexes MultiViews
 ↓
Options ExecCGI Indexes MultiViews


以上の設定でpythonをCGIとして利用することができた

apache2になって、ユーザ毎の設定がフォルダ別けされているところにいつもつまずく、、、


|

« iPhone OS 3.0でアプリの強制終了 | トップページ | PIL(Python Imaging Library)の導入 »

Mac」カテゴリの記事

コメント

ブログの更新頻度高いね!がんばって続けてっ

投稿: Shuhei.E | 2009年9月 8日 (火) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266500/31284595

この記事へのトラックバック一覧です: PythonをCGIとして利用する:

« iPhone OS 3.0でアプリの強制終了 | トップページ | PIL(Python Imaging Library)の導入 »